生後4ヶ月の猫の大きさ。子猫の一ヶ月は貴重です。

生後4ヶ月の猫の大きさ。子猫の一ヶ月は貴重です。

こんにちは、ペルシャの子猫ロクの飼い主です。

 

 

以前も書きましたが私がロクを飼うときに、契約後1~2週間ほど待機の時間がありました。

猫のケージやエサ、トイレなどの環境が整っていなかったので、準備ができ次第引き取ることになったからです。

 

 

そのときに少し気になったのが、1週間~2週間で子猫はどれくらい成長して大きくなるのだろうという点です。

猫を飼うにあたり、そういったことが気になる人が今現在もいるように思いましたので、参考になるかと思いこのブログにまとめたいと思います。

 

 

私が今回まとめるのは、三ヶ月~四ヶ月の子猫の成長の様子、そして四ヶ月現在の猫の姿です。

 

 

 

 

まずロクは昨日で無事生後4ヶ月となりました。

 

 

先ほどインスタグラムにアップしましたが、↑の1,2枚目は生後3ヶ月(とちょっと)。

↑の3,4枚目は昨日の画像、ちょうど生後4ヶ月の画像です。

 

ちょっと四ヶ月目の方は顔が中心でわかりにくいようにも思うので、↓今朝のロクの姿をまとめた動画です。

 

 

 

生後三ヶ月の頃と比較すると、この一ヶ月で毛は伸びて体格も立派にたくましくなりました。

そして↓が我が家に来た初日のロクの動画です。

 

 

 

おどおどしているからそう見えるのもあるかもしれませんが、今よりもとても小さく感じます。

今では我が家に来て2週間ですが、引き取り時よりも体格がずっしりしてきているのは日々感じることができています。

 

 

体重は当初1.3kgほどだったのが今では1.6kgを越えました。

300グラム、大体りんご一個分以上の質量が増えて成長しているわけです。

 

主観ですが子猫は一ヶ月で結構でかくなります。

 

普通は毎日一緒にいるとあまり感じられないことかもしれませんが、だとすると毎日一緒にいない人はたまに会うとより成長を感じると思われます。

 

 

猫は1歳でほぼ成猫となり、そこからずっと大人なわけですから今の子猫時代というのは貴重な時間かもしれませんね。

 

 

5ヶ月、6ヶ月、そして1歳にはどのように成長しているのか。

今でもかわいいロクですが、そんなロクの将来の姿が今から本当に楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2019年10月8日生まれのペルシャ猫、チンチラシルバー♂のロクです。 白くてふわふわ、とっても元気で甘えん坊な男の子です。 毎日ロクの様子を動画とブログに記録しています。 飼い主は猫飼い初心者なので、アドバイスやご指摘、その他コメントをいただければ嬉しいです。