ついに強固な巨大毛玉を刈ることができました!

ついに強固な巨大毛玉を刈ることができました!

こんにちは、ペルシャ猫のロクの飼い主です。

 

先日悩んでいた、ロクのお腹にできた巨大で強固な毛玉。

こちら今日、ついに刈ることができました!!

 

 

ドギーマンのバリカンで地道に刈りました!

というわけで先日大きな毛玉ができましたが、抱っこをして刈ろうとするとロクは暴れました。

 

また今まで使っていたペット用のバリカンでは、パワーが弱いのか毛玉を切ることができませんでした。

ハサミも危ない気がして、結局プロ仕様と評判のバリカンを新しく買いました。(詳しくは先日のブログで)

 

長毛猫の大きな毛玉の処理に悩む。

長毛猫の大きな毛玉の処理に悩む。

2020.08.02

 

 

そしてそのドギーマンのバリカンを使うことにより、強固な巨大毛玉が少しずつ刈れることがわかってきました。

昨日今日と、チュールをあげながら生殖器や肛門に気をつけ、少しずつ毛玉を買っていきました。

 

 

 

昨日は毛玉も少しカットしましたが、主に毛玉を刈るために見えにくい要因となっていた後ろ足の毛やお尻の毛をカットしました。

そして今日、焦らずにじっくりとやろうと思ったのですが、無事巨大毛玉を刈り取ることに成功しました!!

 

 

 

 

いやースッキリしました!!

 

 

 

毛玉を放置していると皮膚病になるとの情報をチラホラ見つけまして。。

これで一安心です!!!!

 

 

それにしても巨大な毛玉でした!

 

 

 

なお「無理だったら動物病院!」と本気で挑み過ぎたので、カット中の動画を撮る余裕はありませんでした。

 

 

 

 

これからはできるだけブラッシングを心がけようと思いますが、ロクはお腹を触られるのが嫌いなのでまだ当分は無理だと思います。

できる限り毛玉はできないよう注意しながらも、あまり大きくならないように、小さい段階でちょくちょくカットしていきたいと思います。

 

 

 

とりあえず今日は巨大毛玉を刈り取ることができて一安心でした^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2019年10月8日生まれのペルシャ猫、チンチラシルバー♂のロクです。 白くてふわふわ、とっても元気で甘えん坊な男の子です。 毎日ロクの様子を動画とブログに記録しています。 飼い主は猫飼い初心者なので、アドバイスやご指摘、その他コメントをいただければ嬉しいです。