寿司よりチュールが好きな子猫

寿司よりチュールが好きな子猫

こんにちは、ペルシャの子猫ロクの飼い主です。

 

昨日まで下痢と血便をしていたロクですが、動物病院にいき薬をもらって本日無事症状は治ってきました。

ひとまずはホッとしています。

 

子猫の下痢と血便の原因がキャットフード。動物病院へ行ってきました。

子猫の下痢と血便の原因がキャットフード。動物病院へ行ってきました。

2020.02.29

 

今後新たなキャットフードの検討といったところです^^

 

 

 

そして話は変わり、先週撮影したお寿司とロクとの初対面の動画を先ほどYouTubeにアップしました。

 

寿司が気になるけどそうでもない様子のロク

時は遡り先週のとある日、お寿司を買ってきました。

 

ロクに与えるつもりはなく、自分で食べる用にです。

ロクにお寿司を見せたらどういった反応をするのだろうと思って買ったのもありました。

 

猫はマグロなどの魚が好きとはよく聞くので、マグロの赤身くらいだったらちょっと洗ってあげようかなとか思っていました。

 

 

 

ですがいざロクの前にお寿司を出してみたものの、ロクはお寿司にそんなに関心を示しませんでした。

お寿司に近づくロクを、私が手で何度か止めたのもあるでしょうか。

 

お寿司の匂いを嗅ぐだけで、特に食べようとはしませんでした。

もしかするとワサビやショウガといった、猫によろしくないものの匂いをかぎ取ったのかもしれません。

 

 

そして気がつくとお寿司の存在に飽きたのか、割り箸の袋で遊び始めました。

ロクにとっては【お寿司 < 割り箸】の袋だったのかもしれません。

 

ロクにとってはチュール > お寿司

当初は、ロクはもっと暴れてお寿司を食べようとするのではないかと思っていました。

ですが特にそういったこともなく、大人しくおりこうさんにしていました。

 

というわけでお寿司を食べた後、ロクにごほうびとしてチュールをあげました。

こちらはすごい勢いでガツガツと貪っていました。

 

 

 

本来は目の前にお寿司があっても私が食べさせないので、それがストレスになるかと思ってチュールをあげることを検討していました。

ですがそういった心配は不要でした。

 

ロクにとっては、【チュール > お寿司】だったようです。

よって、【チュール > 割り箸の袋 > お寿司】という公式がここに成り立ちました。

 

チュールの与え過ぎに気をつけよう

といった内容の動画をあげた今日です。

 

 

 

そんなところで、自分の行動を改めて思い直すと、何かあるとついついロクにチュールをあげているように思います。

昨日今日は下痢の薬にチュールを混ぜて与えています。

 

チュールをあげるのもいいのですが、チュールは塩分が高いという話を聞きます。

チュールの味を覚えて他のフードを食べなくなるという話も聞きます。

 

 

薬と混ぜるのはしょうがないですが、チュールをあげるのはほどほどに、喜んで食べる姿がかわいいからといってあげすぎないように気をつけようと思います。

 

 

 

昨日今日は薬と混ぜて毎食チュールを与えているのですが、常にチュールを欲してやけに甘えてくるようになった、そんなロクです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2019年10月8日生まれのペルシャ猫、チンチラシルバー♂のロクです。 白くてふわふわ、とっても元気で甘えん坊な男の子です。 毎日ロクの様子を動画とブログに記録しています。 飼い主は猫飼い初心者なので、アドバイスやご指摘、その他コメントをいただければ嬉しいです。